スポンサーリンク

スター・ウォーズ レジスタンス 予告編公開

2018-08-18 (土)

ルーカスフィルムがスター・ウォーズ 最新アニメシリーズ「Star Wars: Resistance(原題)スター・ウォーズ レジスタンス」の予告編を公開。

スター・ウォーズのアニメ最新作「Star Wars: Resistance」をポリゴン・ピクチュアズが制作!
株式会社ポリゴン・ピクチュアズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:塩田周三)は、スター・ウォーズの最新アニメシリーズ「Star Wars: Resistance」のアニメーションを制作することを発表します。当社は、エミー賞を2年連続受賞したフル3DCGテレビシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」の制作に参加しましたが、今回、スター・ウォーズのアニメーション制作を再び担当することになります。

Star Wars: Resistance(原題)スター・ウォーズ レジスタンス

「Star Wars: Resistance」は、「フォースの覚醒」に至る歴史を描いたアニメシリーズです。物語の全容はまだ公開されていませんが、ファースト・オーダーの動向を探るスパイとしてパイロットに採用された青年、カズダ・ズィオノ(Kazuda Xiono)に焦点を当て、腕利きのXウィングパイロットのポー・ダメロンや、恐ろしいキャプテン・ファズマといったお馴染みの人物たちも登場する予定です。

本作の監督を務めるデイブ・フィローニ(「スター・ウォーズ 反乱者たち」 エグゼクティブ・プロデューサー)は、以下のようにコメントしています。 「「Star Wars: Resistance」のアイデアは、第二次世界大戦の航空機と戦闘機パイロットに対する私の興味から生まれたもの」 「祖父はパイロット、おじは飛行機に乗り修理もしていて、僕はそれに大きな影響を受けてきた。「スター・ウォーズ」は、長年高速レースを描いてきた。今回は、そのスリリングな感覚をアニメスタイルで捉えることができたと思う。それは僕らのチームが長いことやりたいと望んでいたことなんだ」

「Star Wars: Resistance」は、今秋アメリカのディズニー・チャンネルで公開。その後、ディズニーXD他、世界中で公開される予定です(日本での公開については続報をお待ちください)。3DCGアニメーションで描かれるスター・ウォーズの新たな物語にご期待ください!!

「Star Wars: Resistance」について
監督は、「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」シリーズをジョージ・ルーカスと共同制作し、「スター・ウォーズ 反乱者たち」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたデイブ・フィローニ。 エグゼクティブプロデューサーを、アシーナ・ポーティロ(Athena Portillo)、ジャスティン・リッジ(Justin Ridge)(「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」と「スター・ウォーズ 反乱者たち」)、ブランドン・オーマン(Brandon Auman)(「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」)の3名。アートディレクターを、エイミー・ベス・クリステンソン(Amy Beth Christenson)(「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」)が務めています。

©&™Lucasfilm Ltd.

関連リンク

関連トピックス

スポンサーリンク