スポンサーリンク

小学館集英社プロダクション スター・ウォーズ:ダース・モール

2018-06-27 (水)

株式会社小学館集英社プロダクションからマーベル・コミックスの日本語翻訳版「スター・ウォーズ:ダース・モール」が発売。

ダース・モールがダース・シディアスの弟子であった時代、シスは絶滅したと長く考えられていた。だがついに、ジェダイへの復讐譚が語られる時が来た! これは怒りの物語――憎むべきジェダイとの最初の戦いの火蓋が切って落とされる!

スター・ウォーズ:ダース・モール

ダース・モールは映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」で初登場したシスの暗黒卿。ダース・ベイダーに次ぐ人気悪役であり、劇中クライマックスで胴体を真っ二つに斬られてシャフトに落下して死んだと思われていたが、TVアニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」で復活出演を果たした。

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」以前の活躍を描いた本作には「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で主役たちを襲った怪物ラスターや賞金稼ぎのオーラ・シング、キャド・ベインらが登場するのもファンには嬉しいところだ。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」の頃に起こったミニ・エピソード「プローブ・ドロイド・プロブレム」も同時収録。

スター・ウォーズ:ダース・モール

  • 著者:カレン・バン
  • 作画:ルーク・ロス
  • 翻訳:村上清幸 / 高貴準三
  • 発売日:2018年8月
  • 価格:1,944円(税込)
  • 判型:B5判変
  • 頁数:124ページ

著者について

  • 著者:カレン・バン
    「デッドプールVS.カーネイジ」「デッドプール:バック・イン・ブラック」等を手がけた作家。マーベル・コミックスでは他にもX-MEN、スパイダーマンら主要キャラクターのミニシリーズも数多く手掛ける。
  • 作画:ルーク・ロス
    「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「アベンジャーズ:プレリュード」「キャプテン・アメリカ:ロード・トゥ・リボーン」などを描いたマーベル・コミックスの人気アーティスト。

スター・ウォーズ:ダース・モール

小学館集英社プロダクション

©&™Lucasfilm Ltd.

関連リンク

関連トピックス

スポンサーリンク