スポンサーリンク

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 来日記者会見レポート

2005-07-10 (日)

2005年7月6日 東京新宿パークハイアット・ホテル・パークタワーにて「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のプロモーションで来日した映画監督 ジョージ・ルーカス、製作プロデューサー リック・マッカラム、アナキン・スカイウォーカー役 ヘイデン・クリステンセン、パルパティーン役 イアン・マクダーミドの記者会見が行われました。

記者会見場となった新宿パークハイアット・ホテル・パークタワー 3階ホール。

ジョージ・ルーカスらの記者会見用テーブルに飲み物として、それぞれのイメージにあったスター・ウォーズ ペプシが用意されました。

会場にはテレビカメラ47台、スチールカメラ130台、記者540人の700人を越える報道陣が集まりました。

ステージにダース・ベイダー率いる帝国軍が登場し、司会 襟川クロさんの進行で記者会見が始まりました。

満場の拍手に迎えられながら、エピソード3 主演俳優ヘイデン・クリステンセンに続き、イアン・マクダーミド、ジョージ・ルーカス、リック・マッカラムが登場しました。

ジョージ・ルーカスの挨拶
スター・ウォーズ シリーズ最後の記者会見の地に、本作に多大な影響を与え私の心の故郷である日本にしました。ぜひ日本の皆さん全員に観ていただきたい。

先日のリック・マッカラム記者会見でも発表されたが、TVドラマ化は本当か?
ジョージ・ルーカス
テレビシリーズ化の企画を2本予定しています。
ひとつはアニメ版。クローン・ウォーズというタイトルで、日本のアニメと米国のアニメを混ぜたようなものになります。
もう1つはライブアクション(実写)でエピソード3とエピソード4をつなぐ20年間の物語を、映画版の主役クラスのキャラクターには触れず、マイナーキャラクターに焦点を当てて約100時間のシリーズドラマとなります。

改めてエピソード7製作の可能性は?
ジョージ・ルーカス
映画はこれが最後。アナキンが9歳の頃から悲劇的な死に至るまでを描きました。これ以上の物語は、この先(エピソード7以降)はありません。

エピソード3が完成してシリーズが完結した感想は?
ヘイデン・クリステンセン
正直なところ(制作現場から離れることが)非常に受け入れがたいです。5年間、スター・ウォーズとともに歩んできたので。人生で最もスリリングな出来事でした。

ダース・ベイダーになった時の印象は?
ヘイデン・クリステンセン
ベイダーのマスクを装着した撮影は1日だけだったのですが、とても力を得た印象でした。

みなさん、好きなキャラクターは何でしょうか?
ジョージ・ルーカス
それぞれに思い入れがあるから一概には言えませんが、強いて言えばアナキンとヨーダです。
ヘイデン・クリステンセン
アナキンとボバ・フェットです。
ボバ・フェットは見た目もクールですし、演じてみたいキャラクターでもあります。
イアン・マクダーミド
敵であるヨーダが大嫌いです(笑)

撮影中にあった面白いエピソードがあったら教えてください?
ヘイデン・クリステンセン
今回はワイヤー・アクションなどの撮影も多くて、ユアンが(オビ=ワン・ケノービ役ユアン・マクレガー)がよくワイヤーに引っ掛かってね。毎日笑いながら撮影していたよ。
イアン・マクダーミド
あの緑色の小さな生き物(ヨーダ)を相手に戦わなければいけないのですが、実際にはいないスタジオで・・・見えないし・・・存在するのかさえ疑わしい彼と(笑)演技しなければいけないのは苦労しました(笑)

約1時間に渡り質疑応答され記者会見は終了しました。

記者会見終了後
ジョージ・ルーカスら4人が 501st Legion, Japanese Garrison 控室を訪れました。
スチール撮影が行われ、この全貌は近日発売の角川書店 週刊ザテレビジョンにて発表されます。


501st Legion, Japanese Garrison

トピックス記事作成協力
20世紀FOX映画
501st Legion, Japanese Garrison

関連トピックス

スポンサーリンク