スター・ウォーズ エピソード8 邦題決定「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

2017-02-03 (金)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が映画 スター・ウォーズ エピソード8「STAR WARS: THE LAST JEDI(原題)」の邦題を「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」と発表しました。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

同作はライアン・ジョンソン(映画「ブリック」「LOOPER/ルーパー」など)が監督と脚本、J・J・エイブラムス(映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「アルマゲドン」「ミッション:インポッシブル3」「スター・トレック」など)が制作総指揮を務めます。映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の続編となります。

ルーカスフィルム社長で同作のプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディはライアン・ジョンソン監督について「こんなことは初めて言いますが、撮影中のライアンを見ているとスティーヴン・スピルバーグと重なる事があります。ドラマ構築・ユーモアのセンス・カメラワークなどなど凄い感性の持ち主なので、皆さん楽しみにしていてください!」と太鼓判を押しています。

前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に引き続き、ヒロインのレイ(デイジー・リドリー)、フィン(ジョン・ボイエガ)、カイロ・レン(アダム・ドライバー)、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)など、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で始まった新たなる物語のお馴染みのメンバーが出演。さらに、役どころは発表されていないが言わずと知れたオスカー俳優のベニチオ・デル・トロや、実力派女優 ローラー・ダーンなど新キャストも加わり、壮大な物語を紡いでいく。

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は 2017年12月15日に世界同時公開。

©&™Lucasfilm Ltd.

関連リンク

関連トピックス

icon icon