ウォルト・ディズニー社 ルーカスフィルムを買収

2012-10-31 (水)

2012年10月30日付 米国ウォルト・ディズニー社がルーカスフィルムの買収を発表しました。

ウォルト・ディズニー社は、40億5000万ドル(約3240億円)でルーカスフィルムを買収。「スター・ウォーズ」の権利のほか、「インディ・ジョーンズ」シリーズなどの権利も含まれています。

ルーカスフィルムは、共同会長のキャスリーン・ケネディが新社長に就任。ゲームスタジオのルーカスアーツ、特殊効果事業のインダストリアル・ライト・アンド・マジック、音響部門のスカイウォーカー・サウンドもディズニー傘下となりました。

また、映画「スター・ウォーズ」シリーズの新作を2015年に全世界公開することを発表。2015年の「エピソード7」の後も、2〜3年間隔で新作を公開していく方針。製作にあたってはキャスリーン・ケネディが製作総指揮を務め、ジョージ・ルーカスはクリエイティブ・コンサルタントとして製作に関与するとしています。

関連リンク

関連トピックス